独学で簿記を勉強する人のためのブログ

知識への投資は常に最高の利息がついてくる

【簿記2級】ペーパーかネットか 受けるべきなのは? それぞれの特徴を比較紹介!

f:id:toconoma-ten:20210506184601p:plain


こんにちは、床の間 天です。

 

2020年12月から簿記2級、3級はネット試験での受験が可能となりました。

当方は第156回統一(ペーパー)試験(←落ちました)と、その後にネット試験を受験しました。

受験の選択肢が増えたわけですが、果たしてどっちを受ければいいの?、とお困りの方に、どちらも受験した身から経験ベース紹介したいと思います。

(試験概要や体制の違い等は商工会議所のHP含め、調べればたくさん出てくると思いますので、そちらに譲ります。)

 

個人的な結論から申しますと、2021年6月予定の第158回統一(ペーパー)試験の難易度が分からないため、今はまだネット試験の方をおススメします。

※簿記2級ネット試験の感想と注意点はコチラ

 

とはいえ、どちらの試験にも一長一短ありますので、総合的に判断して、ご自身に合った試験を選択されると良いと思います。

 

 

試験合格率

ここでは合格率(難易度)に注目して、2つの試験を比較紹介します。

近々の第157回統一(ペーパー)試験までは、試験の難易度に違いがあります。

ペーパー試験

2021年6月実施予定の第158回からはネット試験と同等の難易度になると予想されます。

しかし、近々回の合格率を見てみると、本当に難易度下がるの?と不安になります。

第155回: 中止、第156回: 18.2%、第157回: 8.6%

※商工会議所HPの2級受験者データより引用

第156回も厳しい試験でしたが、第157回に至っては、「これもう1級やん」の合格率です。

もし第158回ペーパー試験の難易度に不安のある方は、ネット試験を検討してもいいかもしれません。

ネット試験

おおよそ25~30%程度と思われます。

完全に個人的な感覚ですが、第156回とその後にネット試験を受けてのものなので、そこまでズレてはいないと思います。

※当方はネット試験を2021年2月に受験しており、現在は上記から少し難化している可能性はあるものの、ペーパー試験の第156回や第157回ほど低い合格率にはなっていないと思います。

 

タイプ別比較

ここでは2つのタイプに分けて各々の試験を紹介します。

ご自身の性格や事情に合った試験を選択いただければと思います。

段取り通りに進めたい派

こちらの方はペーパー試験をオススメします。

試験の申込さえすれば、あとは計画的に学習を進めて本番に臨むだけです。

■試験日

 申込み時の日付

■試験時間

 指定時間になったら開始します。

■試験場所

 各地の商工会議所ですから、迷うことも少ないと思います。

 (受験生は皆同じ電車、同じバスに乗り、同じ方向に歩きます。)

■合格発表

 試験日から2週間程度 

少々流動してもいいから早く取りたい派

こちらの方はネット試験をおススメします。

ある程度自由度は高いし、合格すればすぐに証書を取得できますが、その分、色々な準備が必要だったり、予想外なトラブルに見舞われたりする可能性もあります。

 ■試験日

 ネットから自分で試験日時を予約します。

 早めに予約しておかないと、希望日時がすべて満席だったりします。

■試験時間

 指定時間に開始とは限りません。

 少し早めに行って、席が空いていれば即受験ということもあり得ます。

■試験場所

 各地の受験センターです。

 駅から離れていたり、見つけにくい場所にあったりもしますので、前もって場所を調べて、それでも不安な方は現地まで行っておかないと迷います。

 また、試験時間は皆バラバラなので、"迷ったら集団に付いていく作戦" は使えません。

■合格発表

 試験終了後、すぐに合否が分かります。

 合格証書も印刷された紙のQRコードからすぐに電子証明書をダウンロードできます。

  

感染症のリスク

リスクについては正直どちらも同じ程度かなと思います。

各地の商工会議所のスタッフさん、受験センターのスタッフさん、最大限の配慮で、試験環境を整えてくださっています。本当に感謝しかありません!

しかしながら、それでも不安な方は、今は受験しないというのも選択肢としてはあると思います。 

ペーパー試験

大勢が1部屋に集まって長時間居座るわけですから、リスクがないとは言い切れません。

当方が受験したときは、入口にアルコール、扉窓全開、席は間隔を空けて配置されていました。

席の間隔が空いていたおかげで、作業スペースが広々使えたのは良かったですね。 

ネット試験

ネット試験ではキーボードやマウスを使用しますので、毎回消毒されているとはいえ、こちらもリスクがないとは言い切れません。

当方が受験したときは、入口のアルコールで消毒するよう指示され、受付時に検温されました。

キーボードやマウス以外にも、ロッカーのカギや、イヤーマフ(試験会場による)などの共用物があります。

試験部屋は常に誰かしら出入りしていますので、換気面は問題ないと思います。

受付の後、ネット試験に関する説明をスタッフさんから受けます(2~3分程度)ので、リスクといえばリスクかもしれません。

 

受験機会

ペーパー試験は年3回、ネット試験は停止期間を除いていつでも受験ができます。

いつでも受験ができるから必ずしもいいとは限りません。

受験機会に対する特徴を紹介したいと思います。

ペーパー試験

上述の通り、年3回しかありません。

試験日も決まっていますので、試験日が近づけば、たとえ自分の思った通りの進捗で学習できていなくても、覚悟を決めて受験する必要があります。

受験を先延ばしにできないのがペーパー試験の特徴です。

ただし、年3回しかありませんので、1度落ちれば数か月、次回の試験を待つ必要があります。

あともう少しで落ちた、という方は、少し勉強して、すぐにネット試験で再度受験されてもいいと思います。 

ネット試験

上述の通り、停止期間を除いていつでも受験ができます。

試験日は自分で予約しますし、3日前までであれば変更/キャンセルができますから、覚悟が決まらなければ、受験せずにズルズル先延ばしにしてしまう可能性があります。

また、覚悟を決めても、いざ予約しようと思ったら希望日が満席、なんてこともよくあります。

ネット試験を検討されている方は、いつでも受験できると思わずに、「絶対にいついつに受験する!」、という強い意志が必要です。

 

さいごに

いかがだったでしょうか。

なんにせよ、選択肢が増えるのはありがたいですね!

個人的には、今はまだネット試験をおススメしていますが、それぞれの試験で一長一短ありますので、この記事を参考に、ご自身にあった試験を受験し、ぜひ合格を勝ち取ってください!

 

みなさんの努力が実ることを陰ながら応援しています。

最後までご閲覧いただきありがとうございます。

 

■関連リンク■

 

dokuboki.hateblo.jp

dokuboki.hateblo.jp

 

日商簿記2級、3級WEB講座 ネットスクール